ただ今子育て奮闘中のゆきが綴るジャニ話中心日記
3連休
2007年07月17日 (火) | 編集 |
はい、どーも。
プレゾン東京出張。
自然の猛威を改めて感じた3日間でした。
元々1泊2日の日程でしたが、台風の影響により急遽2泊3日になりました。
で、月曜日にホテルをチェックアウトしようと思ったら
あの新潟の地震。
東京も震度3ということで、しかもビルの中だから結構揺れて。
いつどこで何が起こるかわからない今の状況。
いろいろと考えた3日間でした。

さて。
プレゾンのことについて。
ネタバレも含みますので折りたたんでおきます。
後、私一個人の感情が多々見られます。
気分を害される方もいらっしゃると思いますがご了承下さい。


7月14日 土曜日 18時公演


1幕。
個人的に号泣してしまった話でした。
たぶん今の私とリンクすることが多かったからだと思います。

最初から博貴と草野くんが登場。
その姿に会場が思わずざわめきます。
でもすぐに収まって。
私が見たこの公演、特に騒ぐ人もなく、周りもマナー違反してる人がいなかったので良かったなと、後々思いました。

2年ぶりの博貴。
以前よりも大人っぽく、男っぽくなってて
姿を見た瞬間ドキドキした。
それと同時に少し切なくなった。
どうしてだかはわからないけど…

私にとって今年のプレゾンを見るのはこれが最初で最後になるので
全体をしっかりと見ようと思っていたけれど…
やっぱり博貴ばっかり見てしまってて。
カッちゃんも見たいし
晃くんも見たいし
あっくんも見たいし
みんなみんな見たいのに
でも博貴から目が離せませんでした。

途中、カッちゃんと博貴と草野くんの3人の場面があって。
ちょうど昨日芸能ニュースで少し映ってた場面。
カッちゃんがアドリブで博貴に振ってくれた。
プレゾンではよく見かける光景。
博貴に振ってくれたことがとても嬉しかった。
でも、博貴、まだそんな振りには慣れてないみたいで、
うまく返せなくて「すいませーん!」って謝ってる姿がものすごーく可愛かった^^


2幕。
例の告白の場面があると入る前から聞いていたので
別の意味で緊張してその場面を待った。

正直、この舞台でその告白をする必要があるのかどうか少し疑問だった。
でもパンフを見て少し納得してしまった。
2幕の演出、脚本を手がけたのはジャニーさんだった。
あえて、この舞台でさらけ出すことで博貴に一つの大きな試練を与えたんじゃないかなって。
プレゾンをやり遂げた時、
すべての公演でこの試練を乗り越えた時、
その時はなにかいいニュースが聴こえてくるのかも…
なんてそんな淡い期待を抱いてしまった。

その場面を見てる時はとても切なくて。
でも私もちゃんと向き合わなきゃって思って博貴を見つめてた。

博貴の口から出てきた「錦戸亮」「エイト」の言葉。
涙を止めることはできなかった。
その時の博貴は関西弁だった。
だから余計に切なくて…
でも、嬉しかった。


ショータイム。
いきなり客席からの登場にびっくりして。
近くにあっくんがいたのに私は博貴を追ってた。
笑顔で歌ってる姿がとても愛しくて。
ここまで来てよかったと思った。
私の席の方面を見てた時に手を振ったけど視界に入れてたかな?
入ってたら嬉しいんだけどな。笑


さて。
もう一つの話題である植草親子の共演。
もうもう、よかったー><
カッちゃんに目元とかそっくりで可愛かったしー。
しぐさとか、踊りもなんとなく似てたり^^
二人のステージの時はどっちを見たらいいのか悩んだぐらい。笑
その時の曲、可愛くって好き♪

とこんな感じでした。
私一個人の目線と感情を綴ってすいませんでした。



昨日のニュースで「関ジャニ∞」「NEWS」への復帰はないと否定的なコメントが出てたけど…

甘いな!ジャニーさん!!
そんなこと言われても、まだまだ諦めてないから。
絶対に諦めないから。
これから先、何年かかってもいい。
その日が来るまで待ってる。
それまで私の携帯の待ち受け画面は絶対に変えない。


渋谷すばる
村上信五
横山 裕
錦戸 亮
丸山隆平
安田章大
大倉忠義
内 博貴

「関ジャニ∞は8人で1人」
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
私も植草親子の可愛くて好きなんですー。
まだ2回しか見てないのに歌えるくらいなんです。笑
♪ふたりでひとつーのステージにいるのさ♪のとこのフリが可愛くて好きですー。

で、で。2幕のことはゆきさんと全く同じこと思いました。
パンフレット見て「ああ。やっぱりおじいちゃん!」って思いましたよー。

おじいちゃんがどんなこと言っても昨日は安田くんが見にきたみたいだし、やっぱり関ジャニ∞は8人で1人ですよねvv
2007/07/18(Wed) 11:47 | URL  | みなみ #yaoemm/w[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可